開町内で医療脱毛を受けられるクリニックを探す◎利用者から評判がいい利用は一回でも大丈夫!

とにかくお急ぎの方はこちら 湘南美容外科で医療脱毛を予約
開町で医療脱毛をする際にどのようなリスクがあるのでしょうか?一番起こりやすいのは赤み、もしくはヒリつきを覚える人もいます。

医療脱毛で使われるレーザーの温度は最大で120℃に達することがあり軽いやけどの状態になってこのような症状が出ますが、開町のほぼどのクリニックでも炎症止めの軟膏が処方されるので必ず使いましょう。

また施術部位にシミのような色素沈着を起こしてしまう可能性もあります。

これは施術部位に過度な刺激が与えられたり、日焼けをしたことが原因の可能性があります。

特に施術直後は体をゴシゴシと洗ったり、海や山へいってしっかりと日焼けをすることは避けましょう。

そしてコースがすべて終了するまで、日常生活でも日焼け止めを使って過度な日焼けはしないように注意が必要です。

開町でクリニックを選ぶ際、万が一肌トラブルが起こったらしっかりと治療をしてもらえるか、カウンセリングで確認しましょう。

開町内で医療脱毛を受けられるクリニックを探す◎利用者から評判がいい利用は一回でも大丈夫!▼

開町の情報

地名 開町
ユウビンバンゴウ 611-0026
住所など 京都府宇治市開町
読み方 キョウトフウジシヒラキチョウ

近くの駅情報

駅名:伊勢田駅
路線名:近鉄京都線
路線の読み方:キンテツキョウトセン

脱毛サロンとの比較

医療脱毛は、たまに脱毛サロンと比較されています。そして医療脱毛の方が、メリットは大きいと評価される事もあります。医療脱毛にはいろいろなメリットがありますが、脱毛のパワーの大きさもメリットの1つです。サロンの場合だとパワーが強くないことが多いです。サロンだと脱毛にはフラッシュの光を使用しますが、それはあまりパワーが強くなりません。ですから施術を受けてから数年ほど経過すると、また体毛が生えることがあります。それと比較して、医療脱毛の効果は高いです。医療機関では少なくとも、レーザーが使用されます。レーザーをフラッシュの光と比較した場合、明らかに強めの出力となっています。毛根にしっかりと働きかけるので、サロンよりはメリットが大きいと評価される事も多いです。またパワーが強いため、通院回数にも影響があります。サロンの設備ではパワーがあまり強力ではありませんので、サロンへの訪問回数も増えてしまいがちです。それに比べて、医療脱毛なら、パワーが強い分、通院回数は少なくなります。それだけ脱毛の手間が小さくなるメリットもあります。

京都府の関連記事